ホーム > よくある被害事例 > タイヤ交換中にジャッキが倒れた!

タイヤ交換中にジャッキが倒れた!

■相談内容
車に装備されていたジャッキでタイヤの交換をしていたところ、ジャッキが倒れた。車の下で作業をしていたらと思うとぞっとする。危険ではないか。

■回答
車に装備されているジャッキは日常的に使用するものではありませんが、タイヤ交換時には必要な工具です。国民生活センターにはジャッキの転倒、破損などの情報が寄せられており、ジャッキアップ中にジャッキが倒れる死亡事故も発生しています。作業を始める前に車の取扱説明書をしっかり読み、下記の点に注意しましょう。1 ジャッキには適応重量や車種が決まっているため、違う車のジャッキは使わないこと。2 乗員や荷物を載せたままジャッキアップしないこと。3 地面が平らな場所で輪留めをかけて作業を始め、必要以上にジャッキを上昇させたり、ジャッキアップ中に車の下に絶対にもぐらないこと。4 傾斜した場所や不安定な場所では無理なジャッキアップをせずロードサービスの利用も検討すること。5 車の通行量の多い路肩では後続車両に注意して作業をすること。

この被害事例に関連した教育情報一覧へ

ページトップへ