ホーム > よくある被害事例 > 不要な貴金属を買い取る」という業者が突然訪問し、買い取ってもらったが、後になって、買取価格が相場の半額ほどであることがわかった

不要な貴金属を買い取る」という業者が突然訪問し、買い取ってもらったが、後になって、買取価格が相場の半額ほどであることがわかった

■相談内容
不要な貴金属を買い取るという業者が訪問してきたので、見てもらった。よくわからないまま買い取ってもらったが、後で調べてみたところ、相場の半額ほどで買い取られていた。納得できない。

■回答
突然自宅に訪問され、貴金属を査定されても査定金額が妥当か判断することは極めて困難です。買取価格に納得できず、後で返品を申し出たとしても、いったん業者に渡してしまった貴金属等は取り戻せないことがほとんどなので、契約するかどうか、充分慎重に検討しましょう。古物営業法により、消費者宅に訪問して買い取りができる業者は、(行商行為が認められた)古物商許可証(従業員であれば行商従業者証)などを携帯し、求めがあれば提示しなければならないとなっています。提示を求めて内容を確認し、書き留めておきましょう。許可証等の提示に応じない業者と取引することは避けましょう。仮に買い取ってもらう時は、価格の計算根拠や条件、連絡先等を確認したうえで書面にしてもらい、必ず控えを受け取りましょう。断っても家に上がりこんで居座ったり、物品を何か出すように強く迫られた等、怖い思いをした時は、迷わず警察に連絡してください。

この被害事例に関連した教育情報一覧へ

ページトップへ