ホーム > よくある被害事例 > 甘味料を使っていないという表示があったのに、砂糖が入っていた

甘味料を使っていないという表示があったのに、砂糖が入っていた

■相談内容
甘味料を使っていないという表示があったのに、砂糖が入っていた。表示に問題は無いのか。

■回答
食品の成分表示において「甘味料」とは食品添加物を指します。砂糖は「甘味成分」とされ、両者は分けられています。よって、「甘味料を使っていない」と表示があっても、砂糖などを使用している、ということはあるようです。同様に「砂糖不使用」と表示があっても、食品添加物の「甘味料」は入っていることもあるようです。健康上の理由等で気になる場合、事前にメーカーのホームページ等で、原材料名(食品添加物)表示を確認してみましょう。

この被害事例に関連した教育情報一覧へ

ページトップへ